住宅ローンと火災保険はセットで考えよう:住宅ローン



住宅ローンと火災保険はセットで考えよう

住宅ローンを組むとセットでついてくる火災保険はどのようなものでしょう。
ここで住宅ローンと火災保険のセットをみていきましょう。

公的住宅ローンでは利用者や物件に対する融資条件は厳しいです。
しかし、金利水準は低めです。

こうして考えると費用は前もって計画しておかなければいけません。
バブル崩壊前までは、住宅ローンはとにかく借りてしまえば、後は「土地の値上がり」、「年功序列による昇給」、「インフレによる借金の目減り」を待っていれば良かったのです。

しかし、これらの三神話が崩壊したバブル以降では、住宅ローンに関する知識が必要になってきました。
住宅ローンの始まりは戦後、良好な住環境を整備する目的で住宅金融公庫が設立されたことのようです。

住宅ローンを組むと言うことは自分と家族の一生を設計するといってもよいでしょう。
これは長年月にわたってある程度の金額を定期的に支払い続けることになります。

もし途中で返済が滞ってしまったら、大変なことになります。
その時点で危機的な状況になるのは容易に想像がつきますね。
そうした意味ではひとつの賭けといえるかもしれませんね。

さらに現状の雇用環境も残念ながら芳しくありません。
このような状況では賭けの要素はさらに強くなったといえるでしょう。

住宅ローンを組むとセットでついてくる火災保険は普通は建物の火災、水害、家財保証、盗難、などが補償の対象になります。
またマンションであれば階上の家の水漏れで被害を受けた場合とかも補償の対象です。

損害は保障額の100%が支払われるようです。
できれば地震保険も一緒に付加できれば安心です。

この保険は最初に契約すれば後は普通は見直しをしません。
公庫の場合、加入するかどうかは任意です。

けれども、やはり加入しておいたほうが安心だと思います。


posted by 住宅ローン at 09:01 | 住宅ローン3
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。