労働金庫住宅 ローン:住宅ローン



労働金庫住宅 ローン

労働金庫の住宅ローンは、労働組合員の福利厚生のための機関です。
これは他の銀行と同じように預金や融資ができます。

また労働組合員でなくても利用資格を得れば住宅ローンを組めます。

しかし原則としてはまず労働組合の組合員である必要があります。
そして会社の労働組合が労働金庫の会員である必要があるのです。

もし会社に労働組合がない場合は入会費を払って相互会に加入しましょう。
そうすれば労働金庫の融資を利用することが可能です。

労働金庫住宅ローンの金利は労働金庫では、地域によって金利のバラツキはあります。、

しかし、都市銀行よりも低めに設定されているケースが多いです。
都市銀行は3.1〜3.25%くらいに対して労働金庫では2.05〜3.05%なのです。

固定金利選択型の10年ものになると、その差が縮小します。、
それでもやはり、労働金庫のほうが相対的に低い水準のようです。

この労働金庫住宅ローンの特徴は以下の通りです。

1.経費の中でも大きな額になる保証会社の保証料が、金利に上乗せされる形になっています。
 ですので一括払いの必要がありません。

2.融資限度額は高目です。
 これは、通常は最高額が1億円です。

3.他の金融機関と違って労働金庫の融資には自動的に生命共済と火災共済がついています。
 そして掛け金は労働金庫の負担となっています。
 これはうれしいですね。

4.基本的には変動金利型ローンです。
 しかし、金利変動の上限を設定しています。
 それ以上は金利の上昇分をカットするキャップ型の住宅ローンを労働金庫は早い時期から導入しています。
 
 こういったことが上げられます。

また労働金庫住宅ローンにも住機構買取型住宅ローン「ろうきんフラット35」というフラット35ローンもありますよ。


posted by 住宅ローン at 08:55 | 住宅ローン3
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。